水泳競技は泳ぐスタイルや距離によって疲労の場所も変わります。使用する筋肉のストレッチをしっかりやりましょう。夏場は海やプールへ行く機会も増えます。事故防止のためにストレッチを行いましょう。

主に使う筋肉

腰背部・肩周辺部・大腿部
 

ゆっくり泳ぐ場合は、リラックスするには大変よい運動です。しかし、競技になれば違ってきます。泳ぐスタイルでも違ってきますし、距離によっても疲労の場所や度合いが変わってきます。使用する筋肉をしっかりストレッチしケガや故障に備えて下さい。

 

水泳肩ストロークの反復により、肩の腱が肩甲骨などに衝突して炎症を起こします。

 

膝を深く曲げるキックの反復により、膝の靭帯を痛めます。

 

使い過ぎや悪いフォームが原因で起こります。(バタフライ・平泳ぎの選手に多い)

段落です。テキストを追加したり編集するにはここをクリックしてください。ここはお話をしたりあなたについて訪問者に知ってもらうのに絶好の場所です。

 

水泳肩

 

平泳ぎ膝

 

腰痛・

腰椎分離症

 【1】左右10秒間                                  【2】5秒×3回                                          【3】左右10秒間

【5】左右15秒間                              【6】左右20秒間

【4】左右ゆっくり5回まわす。
その後、色々な角度でストレッチ

【7】左右の足首を前後に10回ずつ回す             【8】左右30秒間                                  【9】左右30秒間

【10】左右20秒間                              【11】膝を上下に30秒間                          【12】膝を上下に30秒間

【13】5秒間×3回                                                               【14】5秒間×3回

【15】左右20秒間                                        【16】20秒間                               【17】20秒間いろんな角度で

【18】左右15秒間                                           【19】左右10秒                                          【20】左右20秒間

【21】手幅を変えて肩を返す。3回
無理をせず、広い幅から。

【22】5秒×3回                              【23】手幅を変えて30秒間

ケガや使い過ぎによる傷害の予防は、毎日のケアが大切です。しっかりやりましょう!

種目特有の傷害