柔道やレスリングは技をかけたり逃れたりと、瞬時にいろいろな筋肉やパワーを使います。ストレッチにり筋肉をやわらかくして稼働域を広げケガの防止をしましょう。

主に使う筋肉

肩肩周辺部・上腕部・前腕部・大腿部

相手に技をかけたり、技から逃れたり、瞬時にいろいろな筋肉やパワーを使います。無理な体勢が多いため、いろいろな部分に負荷がかかりケガが起こります。ストレッチにより筋肉をやわらかくして、可動域を広げケガの防止に努めましょう。

肩から落ちるなどによって、肩甲骨と鎖骨がずれ靱帯が損傷し発生します。

肩鎖関節脱臼

【1】左右2回。いろいろな角度で                           【2】5秒間×3回                             【3】左右20秒間

【9】手幅を変えて5回。 無理することなく行いましょう

【10】30秒間
立ち上がるときは膝を曲げてゆっくりと。

【11】30秒間                                          【12】左右30秒間

【22】左右30秒間×2回                                      【23】30秒間                                       【24】左右20秒間

ケガや使い過ぎによる傷害の予防は、毎日のケアが大切です。しっかりやりましょう!

【16】左右30秒間                                            【17】左右30秒間

【5】左右30秒間

【19】5秒間×3回                                        【20】左右20秒間                                  【21】左右30秒間×2回

 

【4】足首を前後に20回まわします。
左右足を均等に行いましょう。

【6】肘を引っ張る角度を変えてストレッチ。
左右20秒間×2回

【7】手首のストレッチはいろいろな角度で。
10秒間×3回

【8】手の位置を変えてストレッチ
左右15秒間×3回

【15】膝を30秒間下に下げた後、膝を上下してみましょう

【13】左右30秒間                                          【14】左右30秒間

【18】膝を30秒間下に下げた後、
膝を上下してみましょう。

種目特有の傷害