サイクリングの前後に行うストレッチを紹介しています。競技でない限り、ゆっくりと楽しみながら自分のペースでこいで行くことはとても良い運動です。

主に使う筋肉

上腕部・腰背部・腹部・膂部・大腿部・下腿部

競技でない限り、ゆっくり自然を楽しみながら自分のペースでペダルをこいで行くことは、とてもよい運動です。ストレッチを十分にしておくことが大切です。

坂などで急な筋肉の収縮をさせることにより発生します。

 

長時間、前傾姿勢により腰背部に対する負荷が大きい、また、膂部筋肉の緊張により発生します。

大腿部や下腿部の肉離れ

 

腰痛

【1】首を大きく回しましょう。     いろいろな角度で、左右2回 

【10】20秒間                                               【11】左右30秒間                                          【12】左右30秒間

【22】左右30秒間×2回                                      【22】30秒間                                 【23】左右20秒間

ケガや使い過ぎによる傷害の予防は、毎日のケアが大切です。しっかりやりましょう!

【17】開脚座で週と前に前屈
各方向30秒間×3回

【4】30秒間                                                  【5】左右30秒間                                      【6】左右30秒間

【18】5秒間×3回                                      【19】左右20秒間                               【20】左右30秒間×2回

【7】30秒間
立ち上がるときは膝を曲げてゆっくり

【8】左右30秒間                                               【9】10秒間

【13】左右30秒間                                          【14】10秒間                                     【15】左右30秒間

【16】左右30秒間
膝を浮かすことによって違う筋肉が伸びます

【2】足首を前後に10回まわします
左右均等に。

【3】30秒間、膝を上下に動かす

種目特有の傷害