バスケットボールの前後に行うストレッチを紹介しています。持久力や敏捷性が必要なスポーツで、膝を中心とした下肢への負担が大きくなるので、ケガ防止のためにしっかりとストレッチをしましょう。

主に使う筋肉
上腕部・腰背部・大腿部・下腿部


ジャンプやダッシュ時に重要な下半身の筋肉と、持久力や敏捷性を必要とするスポーツです。
ジャンプや踏み込み、ピボットなどの動作から、膝を中心とした下肢への負担が大きくなります。
下肢の柔軟性を高め障害を防止しましょう。

ジャンプやランニングの着地の衝撃による疲労で、脛骨にひび割れ状の骨折が起きます。

 

下腿部筋肉の伸縮の繰り返しにより、脛骨の骨膜に炎症が発生します。

 

急にストップしたり、ジャンプの着地時に膝の靭帯が切れることがあります。

脛骨の疲労骨折

 

シンスプリント

 

膝靭帯損傷

【1】左右30秒間                                    【2】左右10秒間                                     【3】30秒間、膝を上下に動かす

【4】左右30秒間×2                                 【5】左右30秒間×2                                       【6】30秒間

【7】30秒間、膝を上下に動かす                 【8】5秒間×3回                                    【9】左右30秒間

【10】左右の足首を前後に20回ずつ回す                                           【11】5秒間×3回

【12】左右20秒間                                   【13】左右30秒間                                          【14】20秒間

【15】左右20秒間
手の位置を変えていろんな角度で

【16】30秒間                                                【17】30秒間

【18】30秒間
立ち上がる時は膝を曲げてゆっくり

【19】左右20秒                                            【20】5秒間×3回

【21】左右20秒間                                                  【22】左右ゆっくり5回まわす

ケガや使い過ぎによる傷害の予防は、毎日のケアが大切です。しっかりやりましょう!

種目特有の傷害