バドミントンの前後に行うストレッチを紹介しています。狭いコートの中で前後への素早い動きやしゃがみこんだり反り返ったり運動量の多いスポーツですので、ストレッチをしっかりとやりましょう。

主に使う筋肉

上腕部・前腕部・腰背部・腹部・大腿部・下腿部


 

バドミントンは狭いコートの中で前後への素早い動きや、前にしゃがみこんだり後ろに反り返ったり、非常に運動量が多いスポーツです。又、シャトルのコントロールには手首が使われます。ふくらはぎ、アキレス腱、大腿部、前腕は特にストレッチしてください。

ジャンプの踏み切りや急激な方向転換によりアキレス腱が断裂します。中高年に多い。

 

肘の親指側の伸筋の付着部に炎症が起き、痛みを生じる。主な原因は使い過ぎによります。

 

大腿骨を脛骨とつなぐ靱帯が膝を捻ることで発生します。

アキレス腱断裂

 

 

外側上顆炎

 

膝関節靱帯損傷

【1】左右30秒間                  【2】30秒間、膝を上下に動かす             【3】左右の足首を前後10回ずつ回す

【7】30秒間、膝を上下に動かす                    【8】左右20秒間                     【9】左右20秒間×2回

【10】5秒間×3回                                                            【11】5秒間×3回

【12】左右10秒間                              【13】20秒間                                【14】左右30秒間

【16】30秒間

【21】左右20秒間                                              【22】5秒間×3回

ケガや使い過ぎによる傷害の予防は、毎日のケアが大切です。しっかりやりましょう!

【15】左右20秒間
手の位置を変えていろんな角度で
 

【4】30秒間                                           【5】左右30秒間                                       【6】左右20秒間×2

 

【18】30秒間                                       【19】左右20秒

【20】左右20秒間
角度を変えてストレッチ

【17】30秒間
立ち上がる時は膝を曲げてゆっくりと。

種目特有の傷害